軽減税率、その12。まとめ買いした日用品、増税後の価格は下がっているのか?

(その11のつづき)

増税前に日用品のまとめ買いをされた方もいると思います。
私もその一人。

その5で我が家のまとめ買いの様子をお伝えしました。

自分で『ほどほどに』とか言っといて、なんだかんだ買いまくり。

しかも、その後も買い足したものがあるので、倉庫はパンパン!

増税マジックにやられました・・・。

さて、話を本題に戻しまして。
増税前にまとめ買いした商品ですが、その後の価格に変化はあったのでしょうか?

私は、その5で

増税するからと急かしておいて、実際には価格を釣り上げている状態。
で、増税後、売上が下がる頃には元の価格に戻すって算段。

と予想。

まとめ買いはお得じゃないとお伝えしました。

その結果はいかに?

ってことで、その5で紹介した商品の価格を調査しました。

まずは、コチラの洗濯用芳香剤。
増税前のまとめ買いがお得になっていないとお伝えした商品です。
増税前と後比較1

  • 9月21日~25日(広告期間)・・・1つ980円(8%税込)、2つまとめ買いで1760円(8%税込)
  • 9月26日~30日・・・1つ980円(8%税込)
  • 10月1日から・・・1つ998円(10%税込)

まとめ買いだけは1つ880円でしたので、一番安いことになります。

でも、その差はわずか。
まとめ買いなら118円ですが、1つだと18円だけ。

お得感はあまりないですね。

次は、トイレットペーパー。
私が4つもまとめ買いしたものです。

果たして、まとめ買いした効果はあったのか?
増税前と後比較2

  • 9月2日~25日(広告期間)・・・1パック610円(8%税込)
  • 9月26日~30日・・・1パック645円(8%税込)
  • 10月1日から・・・1パック657円(10%税込)

コチラは、大きく差が出ましたね。

広告期間の価格と10%増税後の差が47円!
4パック買ったので、47円×4パック=188円お得に!

これはちょっと嬉しい!

本来なら保管にかさばりますが、我が家では専用の保管場所に収まっています。
トイペのストック
これ、トイレ内の天井。
このデッドスペースを活用しているので、いっぱいあっても気になりません。

むしろ、さっきの洗剤のほうが置き場所に困っていますね。(苦笑)

ちなみに、今回の増税で、家計には年間4万円の負担が増えるそうですよ。

ガーン!

ただ、子供がいる世帯は

  1. 保育園・幼稚園の利用料無償化
  2. プレミアム付き商品券の購入が出来る(3歳半以下の子供がいる世帯)
  3. キャッシュレス決済の活用

などで、増税分以上に還付されます。

ヤッター!

と、浮かれたくなりますが・・・。

ちょっと待った!

これらの恩恵は、いずれ終わります。

先程の件に照らし合わせると、

  1. 子供が小学生になったら終了
  2. 利用期限は2020年3月まで
  3. ポイント還元事業は、2020年6月まで

と、徐々に終了していきます。

手放しで喜べる状態ではありません。

要するに、『今はラクさせてあげるから、あとでカネ入れてくれよ』ってこと。

上手いカラクリになっているだけ。
騙されないように、今から増額分を貯蓄しておいたほうがいいですね。

私も、つもり貯金しようかな。(笑)

次回は、キャッシュレス決済のポイント、二重・三重取りは可能なの?を考えます。

(その13へ)

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ