段ボールdeカラーボックス!その4(最終)。大人用デスクも作りました。

(その3のつづき)

前回は、段ボールのカラーボックスに天板を置いた、収納を兼ねたデスクが完成しました。

今回、これを大人用にも応用しちゃいますよ!

大人用も使う材料・作り方は子供用と同じですので、省略させていただきます。
(材料はその1に掲載していますので、ご覧ください)

応用した結果が、コチラ。
段ボール収納大人用デスク
これが、私が使っているデスクの写真になります。

外観にこだわらず、あくまで機能を重視して作りました。

最近ハンドメイドに凝っていてミシンを使うようになり、パソコンと並行して置いています。
右の事務用引き出しは、ニトリで購入したもの。
椅子はホームセンターで購入した収納箱で、中に段ボールで補強して座布団を載せただけ。
(背もたれがジャマだったので)

あまり高く積むと崩れる恐れがあるので、3段をガムテープで固定してあります。

天板の高さは私に合わせてあるので、パパには低いかもしれません。
逆に、低く作れば座卓にもなるってこと。

この作品、色んな応用が利くところが最大のメリットなんです。

その他のメリットはコチラ。

  • 引っ越しや撤去の際、カンタンにバラして運び出せる
  • 廃棄がカンタン
  • 高さ・大きさ・デザインが自由に組み替えできる
  • 費用が安く抑えられる

ただし、デメリットにも注意!

  • 耐久性が低く、使い方によっては壊れることもある
  • 防火性・防水性・防虫性が無い
  • 高く積み過ぎると、崩れる恐れあり

本格的な家具ではないので、長く使うのは難しいでしょう。
特に、キッチンや押し入れでの使用はオススメ出来ません。
高さも、3段までが理想ですね。

普通に使っていてもへこんだり汚れてきたりしますので、スペアの段ボールを確保したほうがいいです。
我が家でも、常時2つ分の予備を用意していますよ。(加工前の状態で、畳んでクローゼット内に入っています)

この『段ボールでカラーボックス(デスク兼用)』、こんな方にオススメ。

  • 気に入った家具が見つからなくて、一時的に置きたい
  • 子供が汚したり傷つけたりしても気にならないものを使いたい
  • 子供好みのデスクをカンタンに作って使わせたい
  • 作業する時だけ、板を載せて使いたい

あくまで一時的な使用に留めていただければ、十分使えます。

私のケチ心から生まれたアイデアですが、皆さんのお役に立てていただけたら幸いです。

※ご注意
今回の作品をご自分で作り、使用した際のケガや事故の補償はできません。
安全面には十分お気をつけて、ご使用いただくようお願いいたします。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ