スポンサーリンク

手作りおもちゃ、その6!段ボールでキッチン!パート1



今回は、久しぶりに大がかりなおもちゃを作りました。
段ボールキッチン!

うちの子、最近おままごとにハマっています。
男の子だからおままごとなんて・・・ってことはありません。

おままごとといっても、女の子同士でやる本格的(?)なものではなく、俗にいう『切れる野菜や果物』が好きなんです。
マジックテープの『ザクッ』っていう音と感覚がお気に入り。
室内遊び場やお店の一角にある子供スペースに置いてあったりします。

いつも言っているショッピングセンターでは、そのお店を子供が覚えていて、毎回まっしぐら。(猫か?)
とにかく気が済むまで遊んでしまい、お店の方に覚えられてしまうほど。(いつも申し訳ない)

野菜類を作るのは、正直大変!
フェルトで作っている方もいますが、手間と販売価格を比較すると作るのは・・・考えてしまいます。
安いものでいいなら、100均のダイソーやセリアにもあります。(2~3個で108円。コスパいい!)
うちはまだこれくらいで十分。

でも、キッチンは1万くらいするので、買うのをためらっていました。

そんな時ネットで段ボールを使ったキッチンを見て、いつか作ってみたいと思っていました。
段ボールハウスの時一緒に作ってもよかったのですが、その頃はまだ興味がなく、段ボールも足りなかったので断念していました。

せっかくなので、段ボールハウスの改造も兼ねて、製作開始!

『シンクとガス台らしきものがあれば遊んでくれる』との書き込みを見たので、上だけキッチン、下は収納棚にすることにしました。
丈夫さを考え、ウォーターサーバーの箱を4つ用意。
上下2つずつガムテープでつなぎます。
最終的には全部つなげますが、我が家は段ボールハウス内に置くので、搬入のため半分ずつつなげています。

ガス台を右側、シンクを左側にします。
どっちにするかはお好みです。
我が家は、段ボールハウスの特性上、この向きになりました。
(屋根の上の煙突が右側にあり、それにつながっているように見せるため)

シンクには料理で使うボウルを使用。洗面器でもいいです。
その直径より少し小さめの穴を開けます。(約1㎝くらい小さめで)
大きいとシンクが抜けてしまうので、フチで引っかかるようにします。
わざわざ固定しなくても問題ありません。

コンロの大きさは、何口のコンロにするかで決めます。
3個なら、奥の1個は小さくてもいいかも。(うちの実物も、奥のコンロは小さめです)
とりあえず、2口にしました。後から増やしてもいいと思います。

ゴトクは段ボールで出っ張りにしてもいいですが、うちは黒いガムテープでそれらしく貼っただけ。
まだ鍋やフライパンで遊ばないので。
スイッチを作ってもよかったのですが、今回はまだ作りませんでした。そのうち考えます。

収納には、内径が少し小さめの箱を使います。
我が家はブルックスの箱を使いましたが、少し大きかったので対角線で一度切って小さく作り直しました。(引っ越し屋さんが使うテクニックです)
角と底をガムテープで補強、出しづらかったら取っ手を付けたり箱に小さな穴を開けて指が掛かるようにするといいです。

シンク真下の収納は、シンクが当たるので高さのあるものは入りませんので注意してください。
デッドスペースを無駄にしないため、ネットでは小さい引き出しをつけている方もいましたよ。

シンクやガス台前面に壁を作り、100均のフックやカゴをつけます。
お玉やフライ返し、スポンジを置くイメージです。

ここまで出来たので、段ボールハウス内に搬入します。

(パート2へ続く)

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ