成人した子供が容疑者に、親の責任ってどこまで?

先日、群馬県前橋市内のビジネスホテルで、若手俳優による強姦致傷事件がありました。
40代の従業員女性に対し、無理やり自室に連れ込み乱暴して軽傷を負わせた容疑です。

最近活躍が目立ってきていた俳優さんでしたし、報道をみたときはビックリしました。

後出しで『そういえば・・・』と思う出来事もあったとチラホラ出てきていますが、もう遅いですよね。
残念ですがこの俳優さん、もう終わりですね・・・。

この俳優さん、お母さまも有名な女優さんでいらっしゃいます。
いわゆる『2世タレント』というやつです。
元々お母さまの影響で俳優を目指したそうですね。

2世タレントが不祥事を起こしたとき、必ず親の責任が問われて親の仕事まで奪われることが多いです。
子供より親の仕事がなくなるほうが、精神的にも金銭的にも大変だと思います。

でも、いつも思うのは、『親の責任ってどこまで?』

報道でも賛否両論あるようです。
私と旦那の間でも意見が違うくらいですから。

今回の事件で、お母さま、ホントに憔悴しきっているように見えました。
容疑者本人は、ご飯ペロリらしいですけど。

なに、この違い!?

性欲があり過ぎるなんて、言い訳にもほどがある。
人様が嫌がることをしてはいけないと、小さな子供でも分かる事。
22歳にもなって、そんな事も分からないのか?
こんなこと、親に教わらなくても分かる!

私は、20歳になったら親の責任はないと思います。
親云々と言ってる歳じゃないでしょう。
『いつまでたっても親は親、子は子』と言いますが、それは『縁』のことであって『すねかじり』ではない。

20歳を大人として、社会的にも一人前になったと認められたのでしょう?
だから、飲酒もタバコもOKなわけでしょ?
体壊しても自己責任ですよ。
だから、犯罪犯しても自己責任です。

こんな時だけ、なんで親の責任なのか?

芸能界はイメージが大事です。
『容疑者の親』となるとイメージダウンにつながるから、結局仕事を降板したりせざるを得なくなってしまうかもしれません。
でも、親が何かやったわけではない。
そこまで糾弾されるのは、ちょっと筋違いだと思います。

もし、私の子が犯罪を犯したら、多分責任を取ると思います。
でも、それは子供が更生してくれると約束してくれたらの話。
謝罪も反省もなかったら、バッサリ切ります。
それが、子供のためでもあると思います。

今回の事件、女性から見たら最低な犯罪ですし、被害者の立場だったら許せません。
それでも、責任は容疑者本人が取るべきです。
違約金などで数億円の請求が来るらしいですが、これをお母さまに求めるのはおかしい。
あくまで容疑者本人に請求すべき。

その上でお母さまが一旦支払うのなら、それでもいいでしょう。
必ず、最終的には本人が完済すれば。

ま、芸能人の親は甘くてお金があるから、結局肩代わりしちゃうんでしょうね。

私たち一般人にはそんな事してあげられませんから、そうならないようにしっかりしつけておかなくちゃ。

てか、また群馬?
この前も、覚せい剤事件で報道されていたよね・・・?
最近群馬って、ヤバイ事件が多いような気が・・・(泣)

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ