妊娠中のママの変化、その3。つわりとマタニティブルー



妊娠初期のつわり、大変な人もいればそうでもなかった人など、ひとそれぞれ。

私は、今思えば軽いほうだったと思います。

それでもご飯を見るのが辛くなり、両家族の同意を得て私実家でお世話になりました。

実家の自室は家を出た時に高校生になる甥に明け渡したので、後から増築した屋根裏部屋を間借り。
屋根裏といっても8畳分くらいの広さがあり、窮屈ではありません。

約1カ月半お世話になりました。

つわりにもタイプがあるって、妊娠して初めて知りましたね。

私は気持ち悪いで収まるタイプ、ただ夕方になると吐き気が。
でも、実際に吐いてしまったのは、数えるくらい。

先日の急性胃腸炎のほうがひどかったです。

つわりでもトマトやマックポテトなら食べられるって話をよく聞きますが、私はポテトがダメでした。 
少しくらいなら平気でしたが。

牛乳とチーズもNG。
牛肉の乳臭さは今でもダメ。

焼肉店に行っても私は豚肉のみ。(今でも)
逆に、大嫌いなカレーが平気だったのが不思議です。

お腹の子供が求めているって聞きますが、今のところよく分かりません。

私は甘いコーヒーが好きなのですが、カフェインと糖分の摂り過ぎになりそうだったのでノンカフェインに変更。

1日3杯くらいなら気にしなくても大丈夫。
が、他にもカフェイン入りの飲み物を飲んでいたので。

出かけ先ではあまり気にしないで、普通のコーヒーを飲んでいました。

スタバでは、店員さんがマタニティマークに気づいて、デカフェ (カフェインレス、カフェイン少な目) を勧めてくれましたよ。

普通のコーヒーより苦みが少なく、砂糖をたくさん入れてしまう私にはピッタリ。
cf20130110_1
お気に入りになってしまい、豆を挽いてもらい買って帰りました。

(余談ですが、このコーヒーが後に悲劇を招くことになりました)

つわり軽かったんなら実家に行かなくてもよかったかも?
旦那実家では80過ぎの義祖母が家事をしている状態だったので、申し訳ないとは思いました。

でも、今しかゆっくり出来ないと思ったので、甘えることに。

私的にはこの頃既に同居解消を考えていて、一度義実家を離れたほうが考えがまとまりやすいとも感じていたので。

結局、義父が私実家に突撃訪問してきて、この時は実現しませんでしたが。

実家にいる時は軽い吐き気くらいでしたが、週末に義実家に戻ると吐き気復活。4izdcmyktx5znhk_rdirg_7
今思えばストレスだったのでしょう。
体は正直です。

同居を始めて5カ月、自分では感じていなかったけど、ストレス溜まっていたんだな。
ストレス解消ってホントに大事なんだと、改めて実感しました。

つわりが重い人は、もっと大変でしょう。
それこそ、心身共にストレスなく生活できるかが大切です。

思い当たるフシ、ありませんか?

かといって、いつもベッタリされてもイライラしちゃうんです。181300165e8784f3a462821ed3de2e60
女は複雑ですね。

マタニティブルーだ、と旦那さんが聞き流していたら、緑の紙召喚の覚悟を!

そのくらい繊細です。

私はつわりより、別居したい理由が私のせいになったことが一番つらかったです。
ホントにショックで、シングルマザー覚悟でした。
地元の後輩の前で思わず泣いたくらい、どん底に落ちていましたから。

心身の辛さを分かってもらいたいだけなんです。
体ごと代われるものだったら、代わってもらいたい!
そんなこと不可能ですから、少しでも寄り添ってもらいたいものですね。

女は命をかけて、その男の遺伝子を育て産みおとすんです。
男が出来ない仕事をしようとしているんですよ。
こんな時くらい女を敬っていただきたい!

妊娠中ってこんなこともあります。
妊娠中~後期、トイレが近い

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ