スポンサーリンク

ママがギックリ腰に。ママ自身のメンテナンスも大事。



ここ最近、ブログの更新が疎かになってしまっていて、誠に申し訳ありません。

実は、6月下旬に「ギックリ腰」を発症してしまい、家事・育児はおろか、まともに歩けない状態になってしまいました・・・。

ヒドイ日は、家の中を這って移動していたほど。
トイレに行くのも一苦労。
夜中、寝返りを打つたびに痛みで目が覚め、寝た気はしません。

介護士時代から腰痛はありましたが、ここまで悪化したのは初めてです。

整形外科に行こうとも思いましたが、医師って湿布と痛み止め、コルセットくらいしか出してくれないんですよ。
いわゆる「対処療法」のみ。

今までの経験上、そんなので改善するとは思えないので、口コミの評価が良かった近所の接骨院を尋ねました。

そこで言われたのが、子育て中のママならではの『自己メンテナンス不足』

小さい子供を抱えたママさんは、子供のことに気がいってしまい、自分の不調に気付きにくい傾向があります。
例え不調に気付いていても、後回しにしてしまうことも多いとか。

確かに、自分のことを考える時間は無かったですね。

その間に積もり積もった疲労が、どこかで爆発してしまうんだそうです。
肉体のストレスみたいなものでしょう。

私の場合、パソコン作業の仕事に切り替えましたし、環境の変化も要因になったみたいです。
しかも、急ごしらえの作業台で無理な体勢を取り続けていましたし。

こうなって当然の状態でした。

ママさんも、たまには自分をメンテナンスしてあげることも大事なんだと、今回改めて感じました。

接骨院の先生と相談し、マッサージと電気療法で様子をみてもらうことに。

ところが、治ってきても別の部位が痛くなり、なかなか良くなりません。

これは体が痛い所を無意識にかばうので、かばった所に痛みが出てくるんだそうです。
これらの痛みが全て無くなれば、治療は終了。

・・・先は長そう。

でも、いつまでも子供に抱っこをガマンしてもらうわけにもいきません。
今のうちに改善したいと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ