新型コロナウイルス、その3。狭いアパートでも『おうちキャンプ』

(その2のつづき)

非常事態宣言が解除されたのも束の間、第2波らしき状況が見えてきた地域もあるようですね。
予想はしていましたが・・・。

てか、非常事態宣言って意味あったのか?

宣言の前と後で、特段の変化があるようには感じません。

結局『自粛ムード』には変わりないですし。

とはいえ、我が家でも外出はかなり控えることになりました。
週末のたびに、買い物やら公園やら出かけていましたが、外出は近所のお散歩くらい。

子供のストレスはMAX!
親のストレスもMAX!

ですよね。

そんな時にニュースで見た『おうちキャンプ』。
自宅の庭・ベランダで、テントやテーブル、ピクニックシートを広げて、キャンプ風にしているのが楽しそう!

そこで、我が家でもレッツおうちキャンプ!

6畳の部屋いっぱいにデイテントとピクニックシートを広げ、折り畳みテーブルとイスをセッティング。
庭もベランダもないアパートでは限界がありますが、子供にはウケたみたい。
自宅でおうちキャンプ
テイクアウトしたマックを、この部屋で食べました。

もっと雰囲気ある物を用意したかったのですが、子供の希望だったもので。(笑)

テントの中には三つ折りした布団を入れて、カンタンなベッド風に。
これが気に入ったらしく、子供はここで就寝。

真っ暗は苦手なので、常夜灯代わりにディズニーで買ったライトをぶら下げてみたら、これがとってもキレイ!
『イルミネーションだ!』と大はしゃぎ!

あれって、ディズニー以外では使い道ナシと思っていたんですけどね。

ただ、興奮しすぎて、なかなか寝られず。
1時間もひとりでしゃべくり。(笑)

・・・早く寝てくれ。

しかも、ママにもここで寝ろと強制。
・・・狭い。

コッソリ逃げ出したら、見つかって怒られました・・・。(泣)

ま、子供が楽しんでくれればそれで良し!

ちなみに、道具は全て自宅にあったものなので、費用はゼロ。
テントが無かったら、大きなシーツと段ボール箱などでも代用可。
テーブルも、シーツを掛けて折り紙でデコるだけでもOK!

段ボールハウスキッチンの製作をした時に思ったのですが、雰囲気さえあれば問題ナシ。

普段とちょっと変わっているだけで、子供は楽しんでくれますよ。

このテントは、GW期間中子供のベッドとなりましたとさ。

(その4へ)

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ