スポンサーリンク

チャイルドシートの選び方、条件

平成12年4月、道路交通法により6歳未満の乳幼児を乗車させる際には、チャイルドシートの使用が義務化されました。
バスやタクシーでは免除されますが、基本子供には着用させなければなりません。
マイカー移動がメインの我が家では必須アイテムです。
退院時にはパパが車で迎えに来ることになっていたので、出産前に準備しておく必要がありました。

出産準備にあたり、チャイルドシートは予算のかかるものの代表格です。
まあ、価格もピンからキリまであるし、安く済ませようとすればできます。
レンタルもあるし、中古を手に入れるのもアリでしょう。
でも、私は安全性と機能にこだわり、衛生面から新品を買うことにしました。
チャイルドシートと一言でいっても、とにかく色々あって、そう簡単に選べないです。
私たちも悩みまくりました。

日本製か、海外製か。
ベッドタイプ、ノーマル、シート分離、回転。
シートベルト固定式、ISOFIX。
・・・言いだしたらキリがありません。

そこで、最低条件を決めることにしました。
1、シートが回転して、子供の乗り降りがラクなもの
2、シートベルト固定式
3、シートカバーが外せて洗えるもの
4、0カ月から、3歳くらいまで使える
5、予算は5万円

インターネットで検索したり、店頭で実際にみてパンフレットをもらってきたり、とにかく時間をかけました。
最終候補は、エールベベとマキシコシ。
ベビーカーも同時進行で選んでいたので、私はマキシコシに惹かれていました。
私一人で移動する機会が多いだろうと思ったので、少しでもラクなのがいいなぁと考えて推しました。
ただ、海外メーカーのため店頭になくお試しできない、シートに子供を乗せたまま移動できるのは1歳までとのこと。
予算もかなりオーバーしてしまいます。
車も買い替えていたのでこれからの出費を考えると、この価格はイタイ・・・。
名残惜しい気持ちを抑えて、エールベベを購入しました。
どっちにしても、ちと予算オーバーでしたが。
img_3932
シート回転は、価格が高い分ホントに便利です。
車の後部ドアがスライドしない場合は、特におすすめです。
旦那の車がこのタイプで、回転しないものは子供が大きくなってくると乗り降りが大変です。
スライドドアでも、この便利さは実感しています。

回転式は、新生児を後ろ向きにして乗せます。
後ろ向きにすると、子供の寝姿勢にかなり近づくので、体の負担を軽減してあげられます。
後ろ向きは体重制限があり、メーカーによって違うので確認が必要です。
img_3934
顔が見えなくなって不安なら、鏡を後部座席のヘッドレストにつければ顔が見えます。
私は更にルームミラーの下に補助ミラーをつけて、運転中でも振り向くことなく様子をみています。
補助ミラーはホームセンターでも500円前後で売っていて、チャイルドシートからジュニアシートになってからも使えるので、あって損はないと思います。

食べ物などで汚してしまっても、カバーを外して洗えるので衛生的です。
洗濯機は使えませんが、手洗いのほうが汚れを集中的に落とせるし、型崩れを防げます。
乾きも早くて、生乾きのあのニオイを抑えられます。
干す時は、風通しのよい陰干しにしましょう。

どのみちチャイルドシートも、いつか使わなくなる時が来ます。
おもちゃと違って地味かもしれませんが、子供の命を守ってくれる大事な存在です。
卒業する時には、その労をねぎらってあげたいと思っています。

その他、出産準備にお困りの方はこちらも参考にしてください。
出産準備、リストアップしてみよう
出産準備、ベビーベッド編
出産準備、ベビーカーをリメイク
ベビーバス、使用期間は最短
抱っこひもの選び方、カバーにも個性

チャイルドシートを卒業、ジュニアシートにするときにはこちらを参考にしてください。
チャイルドシートからジュニアシートへ乗り替え

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ