スポンサーリンク

遂にヨギボーが我が家に!使ってみて気づいた更なる注意点。

ヨギボーが届いてからというもの、ママのリラックスタイムが充実しています。
あの感覚は使ってみないと分かりません。

リラックス中は、完全にダメ人間です。(笑)

使い始めてみて、店舗で見た時と実際に使った時とでは使用感や使い方、日頃のメンテナンスの事など、気にならなかったことが分かるようになりました。

まず使用感。
店頭にある物より少し固めです。
店頭にある物はお客さんがお試しで座りまくっているので、多少へたっているかもしれません。

最近ネット限定で取り扱いが始まった業務用仕様は、通常のものより固くてへたりにくいようです。(その分お値段も高めです)

次に使い方。
椅子として使う場合、後ろに体重をかけ過ぎないほうがいいです。
思ってたより倒れやすいです。
特に小さいお子さんが使う時には、必ず大人の方が付き添ってあげてください。

この写真は、実際にうちの子が椅子として使った場合の様子です。
完全に埋もれています。(笑)
足がつかなくて不安定、パパの介助がなければ動けないので、この後前方に倒れました。
(パパがちゃんと受け止めています)
今回は前方でしたが、万が一後方に倒れていたらガラスにぶつかって割れる恐れがあります。

ヨギボーの欠点にもありますが、お子さんだけで使わないほうがいいと思います。

そして、メンテナンス。
正直、汚れます。
届いた翌日、子供がクレヨンで落書きしてしまい、すぐに拭いたのですが落ちませんでした。
(クレヨン自体は子供用で、床や壁に描いても水拭きで落ちる物です)
カバーは洗えるので洗ってみましたが、あまり落ちませんでした。

お子さんが汚すことを考えたら、替えカバーが売っているので準備したほうがいいかもしれません。
また、撥水加工されたカバーもあります。

中身のビーズがへたったときには補充ビーズがありますが、使い方によっては早めの補充が必要だと思います。
(使う時間が長い、お子さんが少々乱暴に扱うなど)
自分で補充することが出来ますが、こぼれないようにするのは難しいかも?
メンテナンスを頼むことも出来ます。(詳しくは公式ホームページをご覧ください)

我が家では、天気の良い日には窓辺に立てて陰干しています。
干す時には必ず『陰干し』します。
直接日光に当てると色褪せの原因になりますので、注意してください。

布団やシーツ、洗濯物の陰くらいで問題ありません。
干してもへたりが戻るわけではありませんが、湿気を含んでいるとクッション性が悪くなるので、定期的に干してください。
特に、買ってすぐのプラスチックっぽいニオイが気になる方は、陰干しをオススメします。

外に出さなくても、室内の窓際で充分です。
お出かけ前にレースカーテンをしてヨギボーを立てかけておくだけ。
(先程の子供が座っている写真は遊びではなく、陰干ししているところでした)

ヨギボーは、ホントに一度使うとあまりの心地よさで動けなくなってしまいます。
子供と一緒にお昼寝してしまったこともあります。

子供もすっかりお気に入り。

無印良品やニトリの同製品と比べてお値段は高いですが、それだけの価値はあると思います。

せっかく買ったのですから、長く使いたいものです。

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ