軽減税率、その6。スマホ決済を選ぶポイントは?

(その5のつづき)

軽減税率の導入と同時に話題になっているのが、『キャッシュレス決済』。
何故話題なのか?

それは、政府が発表した増税対策の一つ、
『キャッシュレス・消費者還元事業』の恩恵を受けるため。

カンタンに言うと、
『キャッシュレス決済を導入した方には、ポイントつけますよ』ってこと。

でも今のご時世、いろいろなキャッシュレス決済の方法が出回っていますね。
正直、どれにしたらいいのか分からない・・・。

そこで、今回から数回に分けて、キャッシュレス決済についてまとめていきたいと思います。

キャッシュレス決済といっても、その方法は様々。
『クレジットカード』や『キャッシュカード』も、キャッシュレスの分類になります。

でも、小さなお子さんがいるママさんだと、少しでも荷物を減らしたいですね。
最近ブームの小さめお財布や小さめバッグを使う方も、同じ思いでは?

それでも、必ず持ち歩くものと言ったら?

それは、スマホ。
スマホ決済なら、持ち物はスマホ1つ。

てことで、今回は、スマホ決済に絞ってみますよ。

スマホ決済にも、いくつかの分類があります。

  • バーコード・QRコード
  • 非接触IC

最近はバーコード・QRが主流ですね。

さらに、バーコード・QR決済は2通り。

  • ユーザースキャン・・・お店に置いてあるバーコード・QRをアプリで読み込み、金額を店員さんに確認してもらう
  • ストアスキャン・・・お客さんのスマホにバーコード・QRを表示し、お店のレジで読み取ってもらう

どちらの方法かをお店で確認して利用しましょう。

非接触ICは、おさいふケータイ機能のある機種で使えます。
初期設定さえしてしまえばお店のレジでかざすだけなので、カンタンで便利。

ですが、対応していない機種も多いです。
ご自分の機種を確認してください。

これ以外にも、選ぶポイントは盛りだくさん!

そこで、ご自分に合うスマホ決済のポイントを考えてみます。

スマホ決済、選ぶポイントはコチラ。

  1. ポイント還元率
  2. キャンペーン
  3. 使える店舗の多さ
  4. 自分に合った支払い方法
  5. ネットショッピングもするなら、連携しているもの

ここで気をつけたいのが、1と2。
これだけで選ばないようにしましょう。

ポイントは現金化できません。
ポイント還元率が高いからといって導入したものの、ポイントを使える店舗が自分に合っていなければ意味がない。

キャンペーンも、条件があるものが多いです。
小さな字で書いてあったりしますので、しっかり読んでくださいね。

3も、自分が利用する店舗かどうかを確認しましょう。

4は3通り。

  • 前払い(プリペイド)・・・支払い前にチャージが必要
  • 即時払い・・・銀行口座からその日のうちに引き落とし
  • 後払い・・・後日まとめて引き落とし

支払い方法が1つのもの、複数あるものもあり。

『使い過ぎないようにしたい』『給料日の後に引き落としたい』など。
ご自分の生活スタイルにあわせましょう。

ちなみに、チャージした金額を現金化するには手数料がかかります。
(できないものもあります)
キャージし過ぎないようにしましょう。

ネットショップを利用している方なら、ご自分が利用するサイトとの連携も視野に入れておくと便利。
ネットのほうがポイント還元率が高いものがあったり、売上金を利用できるものも。

これらを踏まえ、次回は『ママさん向きスマホ決済はコレ!』を考えます。

(その7へ)

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ