スポンサーリンク

赤ちゃんの夜泣き、旦那も辛さを分かって欲しい!



赤ちゃんの夜泣きに悩んだママさんは多いと思います。
てか、悩まないママさんっているのかな?
多かれ少なかれ悩みますね。

私もモチロン悩みました。
赤ちゃんに対してではなく、旦那に。

何があっても寝付いたら起きない。
多分夜中に大地震がきて、タンスの下敷きになっても起きないのではないかと思うほど。
赤ちゃんが泣いても起きないでしょう。

そう思って、出産前に別々の部屋で寝ることにしました。
表向きは、飼っている犬が食いしん坊&甘えん坊で、赤ちゃんに飛びかかったりしないように。

ホントの理由は、私が赤ちゃんの夜泣きで起きているのに隣でグースカ寝ている旦那をみたら、確実にキレると思ったので。

出産後、3~4時間おきに赤ちゃんが泣いて授乳。
モチロン旦那は傍にいないので気づかず。
旦那は仕事があるので、寝不足にさせないよう起こしませんでした。
これが母親の仕事だからと割り切っていました。

あの誤算がなければ・・・

出産から10日、つまり退院から3日で義祖母に家事を丸投げされ、日中体を休める時間はほぼなくなりました。
夜泣きのたびに起きるのがつらくなり、常にイライラ。
母乳の出が急に悪くなり、風邪を引いて持病の喘息が出て吸入薬を使う事になり、母乳断念。
母乳育児でないことを義祖母に責められたときに、「誰のせいでこうなったと思ってんだ!?」と言ってやればよかった・・・。

ま、年寄りには何を言っても理解されなかったと思います。

確かに、夜泣きで授乳なら、旦那さんは何も手伝うことはないと思います。%ef%bd%86%ef%bd%87%ef%bd%84-300x300
完全母乳育児なら尚更。
でも、何か手伝ってもらいたい訳じゃないのです。
一緒に起きて、いてもらいたいだけなのです。
毎回でなくてもいいから、ママの苦労を分かってもらいたいだけ。

ミルク育児なら、2人で分担してもらいたい。
赤ちゃんをあやす役、ミルクを作る役。
毎回でなくても、週末くらいはいいんじゃないか・・・?

うちは、一度だけ、旦那が自分の部屋へ連れて行って寝ていましたが、起きたらフツーに、
『起きたよ』
と言って連れてきました。
ミルクあげなよと言ったら、
『作るから見てて』
結局おむつも交換せず、ミルクを作れば冷ましが足りない、あげ方が下手でなかなか飲まない、赤ちゃんはグズグズ・・・。

以来、手伝いはさせませんでした。
私一人でやったほうがそれなりのペースで出来ていたので、逆に面倒が増えるのがイヤだったのです。

幸い、うちの子は授乳以外ほとんどぐずらず、お腹いっぱいになると寝てしまうので、ラクなほうだったと思います。
実母に言われるまではみんなこんなカンジなんだと思っていました。
ホントに苦労されたママさんには申し訳ないくらいです。

シングルサイズのベッドの壁側に寝かせているとはいえ、落下の危険がないとは言い切れず。
狭いところで旦那が寝返りを打ったら、赤ちゃんが危ない!

私たちの部屋で一緒に寝るならいいと言ったのですが、どうもイヤだったらしく・・・。
(私と子供の部屋は、ベビーベッド使用時は私もベッド。卒業時に和式布団シングルサイズを2枚並べるように変更)
子供が寝ると自室に引きこもっていました。
まるで独身の時のように・・・

この時にきちんと話し合っておけばよかったのかもしれません。
当時はその時間すら全くなく、毎日必死でした。

そのせいか、アパートでの生活が始まった今も、別々の部屋で寝ています。
わざわざ旦那の部屋を確保できる物件を探しました。
この頃はもう夜中に起きることもなく、私的には一緒の部屋で寝てもいいんじゃないかと思いましたが・・・。
66166_original
たまに私たちの部屋で寝ようとやってくるのですが、窮屈で子供の寝返りスペースが少ない。
普段いない人がいると、気になって寝つきにくい。
何といっても、いびきがひどくて寝られない!

てことで、追い出しちゃいました(苦笑)。

一度だけ、旦那が私たちの部屋で子供を寝かしつけながら寝てしまったことがあり、起こすのも悪いので私だけリビングで就寝。
私のほうが早く起きるからバレないと思ったのに、そういう時に限って寝坊!
旦那に起こされてしまいました。

慣れない事するもんじゃないですね・・・

この先も一緒の部屋で寝ることはないと思います。
一人っ子ほぼ確実です。

あの時もう少し旦那も子育てに参加させていれば、ここまでにはならなかったのでは?
あんなにイライラすることもなかったのではないか?

『男が育児に参加する』のは当たり前。
大変な時期も夫婦手を取り合って乗り切ってもらいたいです。

赤ちゃんによくある黄昏泣き。何をしても泣き止まなくて苦労するママさんも多いですよね。
赤ちゃんの黄昏泣きの対処法

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ