スポンサーリンク

義父が火元?防災メールで知った義実家の火災騒ぎ。

東日本大震災から今日で6年・・・。
この日がくるたびに、防災とは何か?ということを改めて考えさせられます。

震災があってから増えてきたのが、自治体や関係機関から配信される防災メール。
各自治体で防災意識向上のため、ケータイやPCメールを使った防災システムがあるのをご存じですか?
気象情報や避難指示、事故や火災、不審者、行方不明者情報など、市役所や警察・消防の情報をいち早く私たちに伝えてくれるシステムです。
ホームページからアクセス、空メールを受信して登録するだけなので、ケータイでメールやネットを見る方なら登録の操作は難しくないと思います。

自分の居住自治体以外も登録できるので、私は実家の自治体の防災メールも受信しています。(まぁ、念の為に)

以前はあまり気にしていなかったのですが、不審者情報が多くあったことがあり、身の安全のことを考えてチェックするようになりました。
子供の登下校時に多く、ホントにイヤですね。
義実家の同居解消を決めたのも、このことが要因のひとつになりました。

だって、うちの子は近所に子供がいなくて登校班が組めないんですから。
このご時世、子供ひとりで歩かせられないですし。

同居解消後、このメールを見て義実家の近辺で何か起こると旦那に電話を入れさせていました。
旦那は自分から電話しないので、私がさせています。

え?そんなに心配なのかって?

心配というより、『うちの近所で事件があったのに、連絡もしてこないんか!?』と言われたくないので。(苦笑)

このメールがなければ知る由もありませんが、先手を取っているつもりです。
後日の新聞掲載で知れると思いますが、我が家は新聞とってないんですよね。

で、先日のメールで、義実家の町内で火災があったとの事。
旦那が気づいたのですが、連絡しようとせず。(まったく・・・)
ま、今すぐでなくてもいっか!と思って、そのまま放置。

夕方、鎮火情報を見ると、廃屋に下草まで延焼したとの記載が!
『えっ?マジ?』
さすがにこれは・・・と、旦那をせっついて電話させました。

私がしてもよかったのですが、ただ今風邪引きで絶賛声枯れ中!
誰だか分からないくらいの変貌ぶり。例えていえば、元プロレスラーの天龍さんかな?(笑)
これでは耳が遠い義祖母には私とは分からないかも・・・。

電話に出たのは義父でした。(ありゃ)
旦那が『今日、近所で火事あったんだろ?』と切り出しました。
旦那と義父で何やら話しているのを、横で見ている私。
時々笑っている様子で、大したことなかったんだなと安心しました。

電話が終わり、苦笑いの旦那。
『何?大丈夫だって?』と聞くと、旦那から・・・。

『あの火事、オヤジだって』

・・・はい・・・?

頭の中はハテナマークいっぱい・・・。

義実家は電話つながるから家屋じゃないし。(つか、まだ廃屋じゃない!)
かといって倉庫でもないし・・・?

少し前に近所であった、たき火の火災が思い浮かびました。
おばあさんがたき火をしたら山に燃え移っちゃったんですよ。
しかも、その時私たち真下の墓地にいたという・・・。何とも煮え切らないことがあったばかり。
(このおばあさん、義祖母の友人です)

色々考えていると、旦那が笑いながら説明してくれました。

義実家では何も作っていない小さな畑を所有しています。
場所も義実家の近くで、少し前までは義祖母が少しだけ野菜を作っていたのですが、最近は手入れもしていないので草ボーボー。
それを片付けようと、草刈りをしてたき火をしたところ、風に煽られて火事になってしまったのです!

もう呆れて何も言えません。
先日の火事があったばかりで、よくも同じ事が出来るなぁ・・・?

義実家はすぐ裏手に小高い山があるおかげで、風が強い日でも盾になってくれるので強風を感じにくい土地柄です。
しかし、その地形のせいで急な突風が吹くこともしばしば。
たった2年しか住んでいなかった私でも知っていましたので、それに義父が気づいていないとは思ってもいませんでした。

だからあれほど言ったのに・・・。

うちの子供が産まれた頃に、近所で立て続けに2件の空き家放火もありました。
警察の方が張り込みしていた時期もあり、物々しい雰囲気でした。

実父が長年地元の消防団にいたこともあって、火事についての話は重々聞かされていました。
幼い頃、近所で大きな火災が発生したこともあり、その恐怖を目の当たりにしています。

それなのに、義実家では最近『火』の取り扱いを軽視しているように思えてしまう状況が続いています。
電子レンジ火災といい、今回といい、ホントに怖いです。

ご近所さんにも迷惑がかかります。
旦那が電話した時、電話口で近所のおばさん方の声がしていたそうです。
心配だか興味深々なんだかはさておき、多かれ少なかれご心配とご迷惑をおかけしてしまったのです。

自分たちだけの問題ではなくなってしまうからこそ、厳重な取り扱いを呼び掛けているのです。
肝に銘じていただきたい。

とりあえず、今回は怪我人がいなかったことが不幸中の幸いです。
延焼も、義実家の敷地内だけで済みました。(廃屋は、昔の倉庫跡のことでした)
始末書くらいはあるのかな?
故意ではないので、そこまではないかもしれません。

私が一番気にしているのは、何かがあって義実家を私たちが面倒見ろとか言われることですね。
私には関係ない、見るのなら自分でと旦那には言ってあります。
義実家は私を家政婦&介護要員にすることしか考えていないのを、私はとっくに知っていますよ。

旦那だけ返したのでは意味がない事、旦那も分かっていて拒否の方向ですが。

義父よ、火事を起こす前に家事をやれ!

今回の事を含めて、同居していないことに責任転嫁してきたら、即効離婚です。

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ