スポンサーリンク

段ボールハウスを手作りしよう!その1



もうすぐ2歳の誕生日を迎える子供に何をプレセントしようか・・・?
かなり前から悩んでいました。

子供の遊んでいる姿を見ながら、あれもいいな~、いやこれもいいかも・・・などなど。
候補は色々出てくるものの、決め手がありませんでした。

そろそろ子供の自我が湧いてくる頃、親の都合ではなく子供が喜んでくれそうな物がいいのですが。

と、考えているうちにもう期限間近、これはヤバイ!
とりあえず、ケーキだけは確保しておこうと思い、近所で評判のケーキ屋さんでキャラクターの顔を描いたケーキを予約しました。

その店先に、子供の遊具が置いてありました。
庭先に置けそうなくらいの大きさですが、すべり台もブランコもあって十分遊べます。
雨上がりだったので遊べないと思ったのですが、子供は遊ぶ気マンマン!
すべり台の下に小さな部屋があり、そのドアを開け閉めしたり、窓から顔を出して楽しんでいました。

これだ!!
danball_pic01
子供の家を置こう!

私が子供の頃自分の部屋が貰えなくて、せめてもの思いで作った段ボール箱の家を思い出しました。
それはホントに貧相なものでしたが、私的には自分の秘密基地。初めてできた自分の部屋。
楽しかった覚えがあります。

子供って狭い空間が好きな傾向があるようですが、ある程度成長してからの話。
まだ1~2歳くらいだと怖がる子もいます。
うちの子供もトンネルくぐりは大嫌い。遊び場ではいつも避けています。

狭い空間でも怖がらない、自分の好きな事をしてもらいたい。

・・・てことで、ママの独断で段ボールハウスに決定!
rapture_20161023212327
通販サイトをのぞいてみると、組み立て式のきれいな段ボールハウスが売っています。
形も色々、自分の好きな色が塗れるように、真っ白な外観。
とてもかわいくデコレーションしている方の写真も拝見しました。

でも、何か物足りない・・・。
惹かれるのは確かですが、私の思っている事とは根本的に違うような・・・。

段ボールは、私のうちにもあります。
毎月届く紙オムツやウォーターサーバーの箱、先日買ったジュニアシートの箱、箱買いした野菜ジュース・・・。
うちの自治体では段ボール箱は回収してくれなくて、最寄りの行政センターや処理場への持ち込み、地区の活動費のための回収に協力する事になっています。
これらすべてお金はかかりませんが、持ち込んだり保管したり、捨てるのに手間がかかっています。

これを役立てることは出来ないだろうか・・・?

それなら、私の子供時代に倣って、作ってしまえ!

・・・とまぁ、気が変わらぬうちにガムテープ大量購入。
紙製と布製がありますが、布製がオススメ。
重ね貼りが出来ないと頑丈に出来ないから。
少々お値段が高いですが、紙製が100円に対し布製は150~200円くらい。
3個くらいあればいいので、このくらいの出費にケチってないで。
gamute-puproducts-195-1

 

 

 

 

 

 

 

 

色つきのガムテープもあると、装飾を兼ねることもできます。
長さはたくさんなくていいので、100円ショップの量で問題ありません。
可愛い柄のものも売っていますし、お好みでチョイス。

カッターは太めのもののほうが効率がいいです。
ケガ防止に軍手か作業用手袋をして下さい。
床の傷防止は新聞紙でOK。厚めに敷いて下さい。
定規はあれば便利ですが、わざわざ買う必要ないです。

さて、準備できました!

(長くなりそうなので、その2へ)

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ