スポンサーリンク

暖房器具の季節!その1。こたつの思い出



ここ最近急に寒くなりましたね。
少し前まで半袖シャツで過ごせていたのに、今やトレーナーが活躍するくらい。
今年の秋は短く感じました。

寒くなってくると、暖房器具の出番になります。

ストーブ、ファンヒーター、こたつ、ホットカーペット・・・
皆さんは、どの暖房器具をお使いでしょうか?

私は、かつてはこたつにかじりついていた、別名『こたつむり』でした。(笑)
猫より私のほうがこたつを愛していたかも。
エアコンやストーブのような部屋全体を温めるものではのぼせてしまうし、乾燥が苦手でした。

こたつにもぐって食べるアイスクリームが、至福のひとときでした・・・。
ent1602040014-p1
こたつで寝てしまうことも多々あり、それが原因で風邪を引くのも日常茶飯事でしたが。(苦笑)
その事を旦那に話したところ、こたつ禁止になってしまい、大失敗!
ああ、こたつが恋しい・・・。(泣)

実家の居間は掘りごたつですが、最近はあるのでしょうか?
小さいころ、よく中にもぐって遊んでいました。
古い家だったので、電気こたつになる前は練炭を入れる穴があって、毎朝母がこたつにくべて温めてくれていました。
中に入って温まっていた猫が一酸化炭素中毒で死んでしまって、練炭を止めた記憶が残っています。

居酒屋に行くと堀りごたつ式の席があったりしますが、中が温かくなるのはほとんどナシ。(たまに温風や床暖房があったりしますが)
モチロン、こたつ布団はかかっていません。

そりゃ、分かっていますよ!
分かっているけど・・・

寂しいなぁ・・・。

電気こたつはこたつ布団をかけるから温かい空気が逃げにくく、一番低温でも十分温かいと思うのですが、寒がりな義父はそうではない様子。
こたつとファンヒーターの間に陣取り、どちらも最大出力。
ホットカーペットまで併用していて、居間はまさにサウナ状態!
一緒にいる義祖母は真っ赤な顔しながらテレビを見ており、その異常に気付いていない。
テキトーな理由をつけて義祖母を居間から連れ出したことも、何度あったことやら。

同居していた時に光熱費が高くなったと愚痴られ、極力暖房を使わないように生活していましたが、それ以外のことでキレて同居解消
話し合いの際、家政婦を失いたくない義父が、
『光熱費の事が悪かったのか?それなら謝るからここにいてくれ』と泣き落としに入ってきて、私は大笑い!
cont_13

あの光熱費、私のせいじゃなくて自分のヒーター代でしょ?
私たちの部屋のエアコン、省エネ大賞受賞のものに買い替えたし、温度も快適設定で使っているからそんなにかかってないですけど?

義父、かなり落ち込んでいました。
でも、今年既に暖房器具を抱える勢いで使っているところを見る限り、その場しのぎの発言だったんでしょうね。

ま、そんな根拠のない話で決意を変えるような私ではありませんが。(ニヤッ)

いくら寒くても、体を壊すような使い方はオススメできません。
ましてや、体温調節がまだ十分発達していない子供には、サウナ状態は厳禁!

どんな暖房器具を使用するにしても、子供の健康と安全を考えた使い方を心掛けていたいものです。

(その2へ)

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ