スポンサーリンク

旦那はコミュ障?KY?子供の教育への影響は・・・。

先日、TBSで放送していた記憶喪失の方の身元を探す番組を拝見しました。
家事などをこなしていたので途中からでしたが、MCの恵さんやスタッフさん、記憶喪失になったご本人や先生方、皆さんが真剣になって情報探しをしてくださっていました。
生放送だったので、『テレビを見た!』と情報を下さった方々も沢山いらっしゃいました。

中には生電話出演して下さる方もおり、有力な情報が入ってきていました。
こうした情報が、例えほんの些細なことでも、記憶をたどる大事なきっかけになるかもしれません。

ヤラセなしの、しっかりした番組です。

私の存じ上げる方ではありませんでしたが、早くご家族の元を帰してあげて欲しいものです。

・・・という思いでいたのですが、そこへ旦那がやってきて『なんの番組?』。
説明すると、いきなり『じゃあ、電話しなくちゃ』と言い出しました。
『ん?知っている人なの?』と思ってよくよく聞いてみたら、単なるイタズラをするつもりだったのです。

旦那はたまにこういうつまらない事を言い出す時があるのですが、いつもならメンドクサイのでほっておいています。
しかし、今日はそうはいきません。

『何言ってんの!?』
『ふざけているんじゃないよ!』
『嘘つきを子供に教えるつもりなの?』

旦那、ヤバイと思ったのか、そそくさと自室に戻っていきました・・・。

私は冗談がキライではありませんが、ついていい嘘とついてはいけない嘘の区別くらいは分かっています。
母から厳しく教えられています。

私自身の性格としても、曲がった事がキライで責任感はあるが、急な仕事など臨機応変に物事を進めるのはどちらかと言えば苦手。
それを十分すぎるほど分かっています。(母にもよく言われます)
約束を破られると、その場で付き合いをやめるほど。

義実家の同居解消前、私の中ではかなり前から離婚前提として私実家に近い物件を探していました。
離婚回避で別物件を探すことになった時、旦那に『私、もう物件の目星がついているから、アンタはここに残れ』と言ったほど。(笑)

これがいい面であり、悪い所だってことも承知。

だから物件も旦那の希望に合わせ、義実家と同じ自治体に留まりました。

でも、今回は子供の目の前ということもあって、許すことは出来ませんでした。
これ、私も旦那も『KY』なんでしょうか・・・。

旦那には仕事柄行きたくないお付き合いもあって、そういう事は上手くやってきたんじゃないのか?と思っていました。
私より経験豊富だし。

旦那曰く、仕方なく行っていただけで、別に上手くやっていたわけではありませんでした。
結婚して挨拶に行った私のほうが、初めての方とも話せました。(介護士ですので、職業柄ですね)

『旦那は全然話してくれないけど、奥さんは色々話せるね』なんて言われる有様。
全く友達付き合いがないのも納得できます。

会社でもこれって・・・。(汗)
最近よく聞くコミュ障なのか?

幼い頃から外で友達と遊ぶことも少なく、同窓会の声もかからないようです。
(私も同窓会は声がかかりませんが、キライな人がいるので私のほうから声掛けを拒否させてもらっています)
お義母さんが旦那(長男)をあまり外へ出したがらなかったと、義祖母から話を聞いています。

私がたまには友達と遠出したいというと、露骨にイヤな顔をし、一緒に行くとか言いたそう・・・。(言わせていませんが)
旅行好きな義母が家族旅行を計画して行っていたので、家族で毎回行くものだと思っているのかも?

私も、友達が多いほうだとは思っていません。
こんなことを言うと偏見があるかもしれませんが、将来に渡ってお付き合いできる人を選んで付き合っています。

3人兄妹末っ子の一人娘ですが、後継ぎ男(兄2人)と違って肉体的・精神的にものびのびとさせてもらっていました。(母曰く、そういうつもりではなかったそうですが)
躾も兄妹で違わず、金銭面もほぼ平等にしてくれています。(今のところ私が一番お金がかかっていませんが、その不足分を私の子にかけてあげればいいと話がついています)
物心ついた時から誰とでも話せる子供で、今でも実家に行けば言われるほど。
おかげで、介護士としてそれなりにやってこられて、今の私があると思います。

子供の頃の環境の違いが、こんな所で出てくるとは思っていませんでした。

これからの子供への教育に影響しないか、気がかりです。

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ