スポンサーリンク

手作りおもちゃ、その7。牛乳パックdeテーブル!基本編



ママの創作魂に火がつきっぱなしです。(笑)

今回は、私が考えた強度抜群テーブルの製作手順をご紹介します!

段ボールハウスキッチン、他に何が必要かな~?
ママなりに考えた結果、おままごとにはテーブルとイスでしょ!と。

イスに座っている子ではないのですが。(苦笑)

最近のうちの子は、消防車の本を見たりお絵描きをするようになったので、自分用の席があったほうが落ち着くかな?

せっかくだから、友達が来た時にも使えるくらいの物が作れるといいなぁ。

思い立ったが吉日!
ネットで色々検索・・・。

みなさん、ホントすごい凝っています。
牛乳パック丸見えもありましたが、デコレーションしてある方もいますし、見ていて飽きないですね。

ただ、私は強度や耐水性を重視したかったので、自分なりのアレンジを加えて製作することにしました。

材料はこちら。

  • 牛乳パック12本
  • オムツ外箱2~3箱
    1つは天板用なので必ず必要
    他は補強になるので、無ければ外箱と幅が同じかそれ以上なら何でもいい
  • ガムテープ2本
  • 両面テープ
  • フェルト(長いものが無ければ短くてもいい)

道具はこちら。

  • 大きめのハサミ
  • 大きめのカッター
  • スケール(カッターで切る時に使うので、キズがつかない丈夫なもの)
  • ブルーシート
  • カッター使用時の下敷き(いらない段ボールでもいい)

牛乳パックだけで作る方法はたくさん出ているのですが、段ボールとの組み合わせの作り方はあまりないような?
そこで、牛乳パックと段ボールを有効利用することにします。

テーブルの脚は牛乳パック、天板は段ボール。
補強は段ボールがメイン、耐水はガムテープ。

新聞紙を詰め込んで固くする作り方が多いですが、我が家は新聞を購読していないので新聞紙がありません。
そこで、タップリある段ボールで代用します。

まずは脚の部分の説明からいきますね。


段ボールを対角線上に組んで、牛乳パックの中に入れます。
牛乳パックの上部分に切り込みを入れてフタにします。
これを12本。

6本ずつガムテープでしっかりつなげます。
少し面倒ではありますが、かなりの強度が出ますよ。(ママが乗っても大丈夫でした)

 

 

 

 

 

 

脚の裏にフェルトを貼ります。(道具は貼り付けられるものならどれでも)
滑り止めと汚れ防止になりますよ。
見えないところなので、色はご自由に。

ここまで作ったら、次は天板を作りますね。

天板は、お菓子の箱のようにフタをしたいので、下の箱を少し小さめにします。

やり方はカンタン。
対角線の端を切って折り直し、小さくするだけ。
引っ越し屋さんのテクニックなんですよ。

中には、マス目状に重ねた段ボールを入れます。
補強のためですね。

引き出しでも作ろうかと思ったのですが、空間が広いので強度が落ちる心配が。
今回は断念しています。

メンドクサイことだらけですが、このおかげでかなりの強度が出ていますよ。(これもママが乗っても大丈夫!)

天板はあまり重くならないほうがいいですね。
脚の負担を軽くできますので。

周りをガムテでしっかりくっつけて、原型が完成です!

これを、牛乳パックの脚と合体!
ガムテで『これでもか!』と思うくらい頑丈にくっつけて。

見た目を気にしなければ、これで十分使えます。
(デコレーション前の写真を撮り忘れたので、装飾途中のものを掲載しています)

作業中に子供が乗っていましたが、びくともしません。(大人が乗るのは保証できませんが)

私は見た目にも多少気使いをするので、ここからはデコレーションします!

(装飾編へつづく)

テーブルの次は椅子でしょ!?って方はこちらへ
手作りおもちゃ、その8!牛乳パックde椅子!基本編

H30.4.12 大幅加筆しました。

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ