スポンサーリンク

手作りおもちゃ、その4!絵合わせ。



年明け早々、手作りおもちゃ第4弾、絵合わせが出来ました。

今回は1歳くらいの子でも遊べるおもちゃです。
ベースは牛乳パックです。同じ大きさであればリンゴジュースなどのパックでもいいです。

作るときのポイントは、しっかりした土台を作る事。
牛乳パックを写真のように切り取ります。
底が7㎝四方なのでここに合わせて7㎝の立方体(サイコロ型)を作ります。

このとき、糊付けする所とフタになる所を切り取らずに残します。
(のりしろは1センチくらい、角を少し斜めに切っておくと箱状にする時引っかかりにくくなる)
後付けだと壊れやすいので。
フタを閉じる時、中に鈴や音がする小物(小豆やクリップなど)を入れ、両面テープでしっかり止めて一晩置きます。このほうがよくくっつきます。

サイコロのようになりましたら、絵を貼ります。
私は9分割にしたので、21センチのアンパンマンの顔を7㎝に切って貼りました。
その他は果物・野菜・動物・水の生物・数字にしました。

なにせ絵心がないものですからPCでダウンロードした絵を使いましたが、上手な方は好きな絵を描いてもいいと思います。
お子さんの年齢によっては塗り絵にしたり絵を描いてもらうのもいいですね。

牛乳パックの柄が丸見えだったので、隠すために折り紙を貼っています。
野菜などのテーマごとに同じ色を貼り何気ないヒントにしていますが、まだ分からないでしょうね。

仕上げに、角すべてにセロテープを貼り、角を補強します。
絵によってはマスキングテープも可愛くていいと思いますが、私の場合は絵が大きくて隠れてしまうので。
アンパンマンの絵の所など、つながりある絵のところはセロテープのような無色透明のほうが見映えがいいです。

こんなカンジで出来ました!

飲み終わった牛乳パックを利用しているので、かなりコストカット出来ました。
コストを安く済ませるとそれだけ手間がかかることが多いですが、これはほとんど変わりません。

私が買ったものは、中に入れた鈴(100均)だけです。折り紙は持っていたもので済みました。
今まで作ったおもちゃの中で、一番安く出来たかも?
いつもつい飾りを豪華にしたくなってしまうので・・・。(段ボールハウスとか)

子供に見せてみると、まだママが思った遊び方ではなく鈴の音だけを鳴らしている状態ですが、ママがアンパンマンの顔を作るととても喜んでくれました!
野菜や果物にも興味を示し、数字に関しては1~10まで言えるようになりました。

本来ならゴミになってしまうもので作れますので、コスト面もありますが、何より子供の教育にいいお手本になると思います。
カンタンで、しかも広い年齢層で遊べるので、一度作ったら長く使えます。
壊れても新しく作るのもそんなに難しくありません。
年齢に合わせて絵を換えてもいいと思います。(50音、アルファベットなど)

他にもペットボトルや肉などのトレー、卵ケースなどもいいおもちゃになります。
検索すると色々出てきますので、私も参考にしました。

次のおもちゃも、ただ今絶賛製作中です。

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ