スポンサーリンク

就活その5!『おおた子育て支援就職面接会2017』へ行ってきました!

(その4から)

本日は、就活メインイベント!『おおた子育て支援就職面接会2017』に参加してきました。
毎年この時期に行われる、子育てをしながら仕事を探すママさん限定の合同面接会です。

私の就活も、これに合わせてやってきました。

マザーズコーナーにも通っていますが、膨大な求人情報からママ向けの求人を探すのは結構骨の折れる作業です。
わざわざ『マザーズ用』と分かれているわけではないし。

しかも、この面接会だけの求人もあるので、これに行かない手はない!

同じ会場内で子供を預かってくれるのも魅力的。
しっかりとした保育施設が委託を受け、子供の面倒を見てくれます。
食事やおやつも、持ち込めば食べさせてくれますし、トイトレ中でも対応してくれます。
(事前申し込み制、オムツは持ち帰り)

子供にとっては初めての保育施設、身内以外の方が面倒を見てくれるのは初体験になります。

いつもの調子なら大丈夫かな?と思っていたのですが、いざ預けようとしたら急に大泣き!
『ママ、ママ!』と手を伸ばしてくる子供を見ると、何だか可哀想な気がしてしまいました・・・。
でも、これからは毎日の事になります。

後ろ髪を引かれる思いで子供を預け、面接会場へ。
私が受付をした段階で既に100人近いママさんが来場していました。(最終的には150人くらいいたみたいです)
プロフィールカードをコピー、雇用保険の就活実績を書いてもらい、求人票の入ったピンクのバッグを受け取りました。
中身は今回の面接会専用求人票のほか、会場案内とおおた子育て支援マップ。
太田市のゆるキャラ『おおたん』のボールペンつきです。

ってか、この求人票の量には驚きました。
88ページもあります!本ですね。
この面接会専用の求人なので、各会社の面接申し込みもこの求人からになります。

私は事前に参加事業所の一覧を貰っていたので、目星をつけた会社にいち早く行きました。

どの会社も、ママさん専用面接会とあって、子育てに理解ある会社さんばかりでした。
たまには土日祭日の出勤を要請されることもあるそうですが、あくまでも家庭優先でいいとの事。
時間や急なお休み、扶養範囲内にも対応いただける、良心的なところばかりでした。

なかには、私の職歴から即戦力として期待して下さる会社さんもおられました。
自宅や保育園から近くて、呼び出しにも問題ない。
働くママさんにとってありがたい事です。

いろいろお話を聞かせていただき、約2時間半で5社回るのがやっとでした。

ほかにもう少し聞きたい会社もありましたが、事前に見ていた会社さんすべてに行けました。

ちなみに、介護職には行きませんでした。
時間があったら・・・と思っていましたが、予想外に時間がかかってタイムオーバー。

(なお、会場の様子はプライバシー保護のため掲載を差し控えさせていただきます。)

さて、子供はどうしているかな・・・?

迎えに行くと、保育士さんが抱いて連れてきてくれました。
私の顔を見るなり、『ママ!』と泣きそうな表情。
子供なりに頑張ってくれたみたいです。

帰る時にはおおたんとぐんまちゃんが見送りに来てくれていて、『バイバイ』と手を振って会場を後にしました。
玄関先で道路のキャリアカーに見とれていて、なかなか帰れませんでしたが。(笑)

お昼寝をしないでいたので、帰りの車でスヤスヤ・・・。
お疲れ様でした。

自宅に着いてから気づいたのが、保育士さんのメモ。
子供がどんな様子で過ごしていたか、食事時間やオムツ替えの時間などが事細かに書かれていました。
帰り際に渡されていたのですが、子供を抱っこしていたので確認せず。
でも、楽しく遊んでいた様子です。
やっぱり救急車のおもちゃか・・・。

保育も面接も、細かい配慮がありました。
面接会場でも、隅っこで求人票とにらめっこしている方を見つけて声をかけてくれるスタッフさんがいらっしゃいました。
他にも、足りなくなったカードのコピーをすぐしてくださったり、会社さんの所まで案内してくださったり・・・。

これが学生の面接会とは違うところですね。
ママさんの労働力がここまで求められているとは思いませんでした。

今回の面接会に行くまでかなり不安でしたが、これでだいぶ気持ちがラクになりました。

旦那とも相談して、3社に絞りました。
しかも、早速明日1社からお電話をいただくことになっていて、急な展開に驚いています。

とりあえず、慌てないで会社見学に行ってみようと思います。

(その6・パート1へ)

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ