スポンサーリンク

子供の日焼け対策、もしもの対処法



陽射しの強い日が続いていますが、日焼け対策はしていますか?
ママ自身の日焼けが気になる方も多いと思いますが、お子さんの日焼け対策はどうしていますか?

ひと昔前なら、『子供は日焼けで真っ黒になるくらいのほうが健康でいい』とか言われていましたが、そんな時代はとっくに終わりました。
子供の日焼けにも注意が必要です。

義弟が保育園の年中か年長?の頃(その辺はよく覚えていないそうです)、海水浴で真っ赤になるほど日焼けして、夜中にひどい高熱を出したことがあるそうです。

そんな思いをさせてしまったら、せっかくの夏の思い出が台無し!

男の子の水着って、上半身ハダカのイメージでしたが、今は男の子もラッシュガードを着ている子が多いです。
学校や幼稚園では違うかもしれませんが、公共のプールや水遊び場ではそれが普通です。
小さい子は長袖タイプがオススメ。
少しでも日焼けの範囲を少なくするためです。
サイズは小さめに出来ていますが、伸びる素材なので意外と着られます。
キツイのを嫌がる場合は、1サイズ大き目を選んでください。

子供用の日焼け止めクリームも忘れずに。
顔や手、足にも塗ってあげてください。
水に入っても落ちにくいウォータープルーフタイプがオススメ。
石鹸で洗えば落ちます。
強く擦ったり、長時間経過したら塗り直してください。
105300048
大人の物を使うのは気をつけたほうがいいです。
子供の肌に合わない物もあります。
普段から使ってみて、子供に合う物を見つけておいたほうが安心です。

帽子も、熱中症対策を兼ねていい方法です。
うちの子は帽子を被らないので検証できませんが、顔の日焼け具合が違います。(ママ自身で検証しました)
照り返しがあるので日焼けしないわけではありません。
日焼け止めクリームと併用されると効果が出ます。

そうはいっても、うっかり日焼けしちゃった!なんてこともあり得ます。

では、日焼けしてしまったら?

日焼けは火傷と同じです。

まずは冷やす。氷水で冷やしたタオルをあてがう。
擦っちゃダメ!
すぐ冷たくなくなるので、2~3枚のタオルを入れ替えて常に冷やす。
最低10分、できれば30分。肌が冷たくなるまで冷やします。

火ぶくれが出来てしまっても、つぶしたりしないで。
ケータイのカメラで撮影しておくと、医師のいい判断材料になります。

なかには、湿布や冷えピタシートを使う人がいますが、使わないほうがいいです。
どちらも、火傷には使えない物です。
特に湿布は、冷やす効果がなく、メントールの作用で悪化させてしまうこともあります。

赤みが引いて、痛みの訴えがなければ、すぐに病院に行く必要はありません。
ただし、火ぶくれやただれが見られたら、冷やしながらすぐに受診してください。(皮膚科か小児科)

これは私の個人的な考えですが、日焼けって海水浴でなるものだと思っていました。
先日の海水浴は、陽射しが強くなく、ほとんど日焼けすることなく遊んできました。
その次の日曜日、近くのプールへ行った時のほうが陽射しが強かったので、子供にはきちんと対策をして遊ばせました。
ところが、パパは全く対策せず。
見事な焼けっぷり!(苦笑)

IMG_3406

油断大敵。
まさかこんなところで・・・と思ってしまいました。

よくよく考えれば、この時期は屋外に出たら日焼けしちゃいますよね。
屋内だって紫外線は届いてますし。

多少の日焼けなら大丈夫ですが、体調を崩すほどの日焼けは大変危険です。
大人だって、上記のようになってしまいます。
これが子供でなくてよかった!(パパには申し訳ないけど・・・)

色んなことを気にかけてあげなくてはならなくて、ママは大変だと思いますが、
それ以上に子供が大変な思いをするよりはマシかと。
夏の楽しい思い出と共に守ってあげましょう!

出典元 http://allaboutfamily.info/archives/562.html

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ