妊娠中のママの変化、その7。妊娠中の体重管理がキビシイ!



妊娠初期、妊婦健診の途中で、助産師さんと面会する時間がありました。
出産のことで、あらかじめ助産師さんとの打ち合わせみたいものです。

そのとき必ず出る話が、『妊娠中の体重』について。
160621dress-of-prenatal-care05
産院によって違いはありますが、医師か助産師が話にきてくれます。
健診を受ける前の血圧測定、尿検査、体重測定は1セット。
初期~出産まで、ずっと計測します。

体重については、最近は特に厳しくなった産院が多いようですね。

妊娠してから赤ちゃんが生まれるまで、何kgまで増えるのがベストなのか。
身長に対して妊娠当初の体重の割合を目安にして決まります。

ざっというと、体形が普通・やせすぎ・太りすぎ、のどれか。

約8kg増えるのが赤ちゃんにとって理想の体重増加です。

内訳はコチラ。(多胎は除く)

  • 赤ちゃんの体重  3000g
  • 羊水        500g
  • 胎盤        500g
  • その他      4000g (授乳のために発達した乳房、血液、子宮の重さなど)

多すぎも少なすぎも注意されます。o0400026810777260721
特に多いと、かなり指導が入ることもありますよ。

食べ物に困らなくなったこの時代、たいていの妊婦さんがオーバーになるようです。
赤ちゃんにいっぱい栄養を・・・!との名目で、つい食べすぎてしまったり、お腹が大きくなって運動がめんどくさくなったり。

私も体重オーバーになりました。

もともとぽっちゃりでしたが、さらに進化!
つわりの時期は少し落ちましたが、私はつわりが重くなかったので、すぐに元に戻りました。

とにかく甘いものが抑えられませんでしたね。
食事はほぼ野菜、たまに豚肉少々、魚は週一くらい・・・
昔このメニューで1年半かけて-31kgの減量経験があり、多少甘いもの食べても平気でしょ!
metabolic_woman
と、甘々でした。

見事にやっちゃいました・・・。

最終的には+15kg。
出産で落ちた体重、8kg。
7kgが私の中に溜まりました。

いらないものは溜まるんですね。(笑)

育児に追われて、一時期少しだけ体重が落ちたようですが (忙しくて実際には測ってなく、後に写真で気づきました)、
次第に旦那や義家族に対してストレスを感じ始め、再び甘いものに手が伸びてしまいました。

産褥期に骨盤体操をしていた時期もありましたが、時間があれば休みたい。

以前のダイエット法は自分をかなり追い込むので、今は旦那に禁止されています。
やればできる子?ですが、とことんやってしまう私の性格を知っているからでしょうね。

最近は子供が見事に暴走しまくってくれて、いい運動に。
大変だけど、いい機会をもらっていると思って、一緒になって走りまわっていますよ。

おかげで、子供の集まりの時みんなに顔を覚えて頂いております。(笑)

子供とたくさん遊んでダイエットできたら、一番いいですね。

最近は旦那もお腹のあたりがぽっちゃり。
(私のことばっかり言ってるくせに)

仕事柄体を動かす時間が少なく、家でもTVやPCの前でお尻に根っこが生えているので、こっちの対策も必要です。

子供の面倒までPCにお任せしているので、ここらでお灸をすえなければ!

親子で楽しみながら健康的な生活が出来るように考えていきたいです。

いい方法や結果が出たら、報告したいと思います。

妊娠中の便秘には要注意!
妊娠中のママの変化、その8。妊娠中は便秘になりやすい!

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ