スポンサーリンク

太田市『Bのくに』の施設利用補助を続けて欲しい!

昨今、屋外の公園で子供たちの姿を見る事が少なくなりました。
ひと昔前だったら、学校が終わるとランドセルを放り投げて遊びにいっていたのに・・・。

テレビゲームの普及も要因の一つでしょうが、気温や気候の変化が大きくなったのも理由として挙げられるでしょう。
暑さ・寒さが厳しくなり、花粉や黄砂など健康に影響が出る環境では、子供を遊ばせようとは思えなくなります。
お年寄りに言わせたら『今時の若いモンは・・・』となるかもしれませんが。(苦笑)

でも、家に閉じこもる事はよくないと、今のママさんたちだって分かっていますよ!

そこで、最近は室内遊戯場の人気が出てきています。

ゲームセンターじゃありませんよ。
すべり台やボールプール、エアーマットに三輪車コース、おままごとセットのコーナー、ブロックがいっぱいのブースなど、とにかく子供が思い切り遊べる施設です。
軽食コーナーがあるところもあるので、1日中いても飽きないのでは?
料金もお手頃なので、下手に混雑するテーマパークより子供受けいいかも。

私の住む自治体(群馬県太田市)にも、少し前に大型の施設がオープンしました。
少し離れた自治体に住む友人の保育園が旅行先にしたくらい、遊具は充実しています。(牧場の予定が、雨だったので変更になったそうです)

ただ、料金が少しお高め。img_4676
平日は2時間700円ですが、土日祭日は1時間で700円。延長は400円(子供のみ)
大人も同料金かかります。
正直、週に何回も使えません。
せっかくいい施設なのに、これでは使いたくても使えません。

同じ事を思っていたママさんもいたようで、このことが市長や市議会に伝わり、今年6月から補助が出るようになりました。
このチケットを使えば、子供も大人も100円で利用できます。(延長料金は自己負担)
対象は太田市在住の6カ月~小学校3年生までです。
1回に1枚しかもらえませんが、何度もらってもいいので使ったらまたもらえます。
市役所3階こども課や児童センター、児童館、こども館で配布しています。

ということで、行ってきました!

日曜日でしたが、私たちが入場したときはお昼時だったので、比較的空いていました。
子供は、入場が待ちきれなくて大騒ぎ。
説明を聞き終わると、靴を脱ぐのも忘れてダッシュ!
目に入るものすべてが子供の興味をそそる物ばかり。
おままごとコーナーだけでなく、あちこちにお店屋さんごっこができるハウスがいっぱい。
うちの段ボールハウスも、今度はあんな感じにしようかな~(・・・どこを見ている・・・?)
img_4641img_4645
ボールプールはもともと好きなので心配していませんでしたが、エアーマットは怖がる事が多く、最初はなかなか近づきませんでした。
しかし、たまたま近くにいた小学生の女の子たちが楽しそうに遊んでいるのをみて、大丈夫だと思ったのでしょう、自分から入っていってジャンプしていました。
先輩のお手本は助かります。

ブロックはまだ難しそうですが、上手にできたのが魚釣りゲーム。img_4653
ウキの先に磁石がついていて、魚型の木製パネルについている磁石とくっつくと釣れるようになっています。
小さい頃、画用紙に書いた魚を切り取り、口にクリップをつけて手作りしたのを思い出しました。
ゲーセンの魚釣り大好き(見学専門)なうちの子らしいです。(笑)

予定の1時間をオーバー、結局2時間フル稼働しっぱなしでした!
それでも『帰る』のが分かったら出口に近づこうとしない、徹底抗戦っぷり。
ぐずって泣きながらの退場となりました。

昼食を完食して、帰りの車でねんねしちゃいました。いつも通りですけど。
楽しく遊べたようで、親としてもうれしいです。

助成は今年度いっぱい(来年3月)までの予定だそうですが、これからも続けていってもらいたいです。

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ