スポンサーリンク

初めてのいちご狩り。『陽一郎園』に行ってきました!

春休み前の3連休ですが、お出かけの予定はありますか?
雨の予報もなく、比較的穏やかな天気だとのことでしたので、我が家は急遽イチゴ狩りに行くことにしました。

来月ママ友さん一家と行く予定でしたが、なかなか予定が合わず。
私も仕事が始まるので、出来れば今月中に行きたいと思っていました。

旦那得意の急な予定に振り回されますが、今回は県内なので何とかなるかな・・・?

7時出発のはずが7時半起床・・・。
見事な寝坊をかましてしまったので、高速道路利用で時間短縮。
おかげで予定とほぼ変わらない時間に到着できました。

やってきたのは、群馬県渋川市にある『STRAWBERRY FARM 陽一郎園』さん!
甥っ子たちが小さい頃から来ていて、3代続いているイチゴ農家さんです。
SNSで可愛いイチゴカーが人気のイチゴ屋さんなので、知っている方多いのでは?
ちなみに、ナンバーは『15』(イチゴ)と『15-32』(イチゴミニ)なんですよ。

今年は2~3月が寒くてイチゴの収穫が遅れていると聞き、早めに行かないと締め切ってしまうと思っていたのですが、さほど心配なく受付できました。

子供にとっては初イチゴ狩り。
旦那もかなり久しぶりだそうで。
私自身もイチゴ狩りは久しぶりです。(直売所には時々来ていました)

ハウスに行くまでの道中、水路の水遊びが始まってしまい、なかなか辿りつけない有様。
水遊びよりイチゴだよ!と言っても分からないよね。

ぐずる子供を何とかなだめてハウスに入ると、目の前一面のイチゴを見て『おおおー!』と雄たけび。(笑)
さっきとは一変、いきなり畝に入っていきました。
イチゴを見つけるたびに『ご』(イチゴの事)を連発して、農家さんや他のお客さんを笑わせていました。

今回のハウスは『高設ベンチ栽培』。
土汚れが付きにくく、かがまなくても収穫できる利点があります。
赤くなったイチゴがちょうど子供の目線あたりにぶら下がっているので、子供でもカンタンに見つけることが出来ます。

うちの子はまだ自分では取れなかったので、最初のうちはママパパが大きいイチゴを取って渡しました。
ところが、端っこを少しかじっただけでママに返してきます。

最近、イチゴ狩りで先っちょの美味しいところだけ食べて捨ててしまうという、なんとも悲しい事実がSNS等で出ていますが、まさかうちの子が!?

と思っていると、子供が自分で触るイチゴは小さいながらも真っ赤で美味しそうなものばかり。
これがいいの?と取ってあげると、一口でパクリ!

うちの子はイチゴやバナナを丸かじりしたことがなく、いつもママが小さく切って一口で食べているので、小さいほうがいいらしいです。
行動は暴走族なのに、食べる時だけなぜかお上品・・・。(笑)
でも小さいほうが甘いんですよね。
うちの子、これも見抜いていたのか?(まさか・・・)

その後は、自分で選んだ小さめで赤いイチゴをママパパが取ってあげると、取るのが間に合わない勢いで食べまくり。
30分で30個近く食べました!
こんなに食べたのは初めて!

お腹壊さなきゃいいけど・・・。

帰る前にまた水路で遊んで、終始ニコニコ!
楽しかったかな?

直売は売り切れで買えませんでしたが、お腹にいっぱい詰め込んできたからいいよね?

こちらのイチゴ屋さんでは6月上旬までイチゴ狩りが楽しめるので、これからの予定にしてみてはいかがでしょうか?
イチゴ狩りはなくなり次第終了なので、午前10時くらいまでには受付されることをオススメします。
イチゴアイスの販売もありますし、手づくりスムージー体験もできます。

その日によって食べられる品種が変わりますので、ホームページやTwitterで確認してからお出かけください。
STRAWBERRY FARM 陽一郎園のホームページはこちら
STRAWBERRY FARM 陽一郎園のTwitterはこちら

先日、未来の4代目となるお子さんが誕生されまして、おめでたい限りです。
おめでとうございます!
来年はお子さんもお店に顔を出してくれるかな?
楽しみです!

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ