スポンサーリンク

予定日過ぎ、促進剤で出産



待ちに待った予定日!
いつ生まれてもいい状態ですが、私には陣痛らしきものは来ませんでした。
お腹の膨らみが少し下がったような感じはしましたが、目立った兆候はなく・・・
おしるしもありませんでした。obaasan02_angry

いつでもいいように用意してあるのに・・・

「初産は予定日より早い人が多いのに、まだかまだか」と義祖母に言われまくり。
そんなに焦っても仕方ないでしょう?
つか、初産だって遅いひともいるんだよ、と言っても聞かず。
60年前とは何もかも違うんですけどねぇ・・・。

40週目の健診で、促進剤の話を聞きました。
42週を過ぎると胎盤の機能が著しく低下するため、その前に促進剤によって陣痛を促し、それでもダメなら帝王切開になる、と説明されました。
赤ちゃんが無事に生まれてきてくれれば、と思い、すべてお願いしました。

結局陣痛が来なかったので計画入院になり、休みの義父に病院まで送ってもらいました。
私両親にも連絡して、一応来てくれるというのに、義父は居辛かったようですぐに帰宅。
促進剤(経口薬)が投与されてもまだ気配なく、その日は呑気に私両親とおしゃべりして過ごしました。
夕方旦那が来て、まだみたいだけど明日は連絡取れるようにしておいてねと頼みました。

翌朝、朝食前から点滴で促進剤投与開始。
10時頃から陣痛らしき鈍痛、先生に内診してもらうもまだまだとのこと。
入れ替わりに私両親が来て、またおしゃべりしていたのですが、陣痛が急に強くなって話どころではなくなって。
12時前に実父に頼んで旦那に連絡、すぐに仕事を切り上げて来てくれました。

もうこのあたりからは覚えてないので、旦那&私両親情報ですけど。
助産師さんが様子を見にきてくれたときには既に破水!
もう赤ちゃんの頭が見えていたそうで、すごく慌ただしかったらしいです。
『早く!もう出てきちゃう!』
と叫んでいたので、相当ヤバかったんでしょう。
setsubi-img-ldr
私がお世話になった産科は、陣痛・分娩・回復が一緒の部屋で出来るLDRだったので、陣痛MAXの中歩いて移動しなくて済んだのも幸いでした。
てか、もう移動なんてできる状態ではなかったそうです。

慌ただしく分娩の準備をしてくれている間も陣痛はどんどん強くなって、赤ちゃんが少しずつ下がってきていました。
担当助産師さんが、赤ちゃんの頭を押さえたほどだったそうです。
『まだいきまないで!』はキツかった・・・。

出産には旦那が立ち会ってくれました。
旦那、私に水を飲ませようとしてくれたのですが、ペットボトルの中身が空っぽなのに気づかず。
予備がバッグに入っていたのですが、私も説明できる状態でなく、「カラだよ!」というくらいしかできなくて、結局飲めず。
使えない!と思ったのは覚えています。

しょーもない事だけ覚えてるんですよね・・・。

主治医の先生が仕事の都合で間に合わなくて、たまたまいた別の先生が立ち会ってくれて、助産師さんが気づいてから30分で出産しました。
image
陣痛開始からわずか3時間40分での出産でした。

陣痛の始まった時間から計算して、夜中の出産だろうと助産師さんたちで話していたのに、まさかの超短時間出産。
急で慌てたけど、スタッフがたくさんいる時間に産んでくれて助かったわ!なんて呑気に言われてしまいました。
(夜中だと助産師2人体勢です。)

余談ですが、夜中の出産って深夜料金とられます。退院時にもらう明細書に書かれています。
でも、嫌です!とはいえませんね。(笑)

陣痛が始まって12時間くらいかかって生まれるって聞いていたので、あっという間に終わってしまった印象です。
促進剤の影響ですか?と助産師さんに聞いたら、
『前日の飲み薬は、促進剤ではなく子宮の出口を柔らかくする薬なんです。
 しっかり柔らかくなっていたから、赤ちゃんが出てきやすかったんでしょうね』
そういえば、そんな話してたっけなぁ・・・
説明を理解していなかったのがバレてしまいました。
薬は専門的な話なので、みんなそんなもんだよとは言ってくれましたが。
pixta_%e5%87%ba%e7%94%a3%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88
薬が効きやすい体質のようだったことも早かった理由のひとつだそうですが、促進剤ナシでも早く分娩になる可能性もあったので、2人目を考えているなら、今回の出産の状況を次の産科医にも伝えてと言われました。
母子手帳に所要分娩時間を書くところがあるのは、そういう意味があるそうです。

自宅で陣痛が始まると、初産婦は10分間隔になったら産科に行く目安ですが、経産婦は産道が早く開きやすいのでそれより早く行くことになります。
私のように促進剤を使ったとはいえ、初産で分娩までが早かったひとはさらに早く開く可能性が高いそうです。

とにかく、産科医と助産師に相談、指示を仰ぐのが一番ですね!

すべてが初めてづくしでしたが、いい経験ができたと思います。

出産時に陰部裂傷!まさかの激痛にビックリ!
出産時の陰部裂傷、縫合手術がマジ痛い!

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ