スポンサーリンク

上野動物園へ行ってきました!その3。赤ちゃんパンダが目の前に!

園内をくまなく歩きまわり、いよいよシャンシャンに会える時間が迫ってきました!
西園から東園へは、モノレールに乗って移動。
上野動物園モノレール
そういえば、モノレールも初めてだったね。

シャンシャンの面会時間は時間厳守
観覧券の開始から20分が経つと券は無効になってしまいます。

逃したくなかったので、10分前から待機。
子供もウキウキ。

他の人も同じ様子。
時計とにらめっこしています。

ようやく時間になって、列に案内されました。
また列?と言いたくなりますが、ここはシャンシャンのために我慢。
シャンシャン看板
係員の指示に従って、列はゆっくり進みます。
少しずつ中に入っていくにつれて、緊張してきます。
子供も大人も。

そして、その瞬間が!

少し高いところで寝ころがっている、白黒のモフモフした毛並み・・・。

シャンシャンだ~!
シャンシャン1
か、かわいい!!

目の前にいます!

ママ、子供そっちのけで写真を撮りまくり。

パパと子供は、肩車で合体して観覧!
シャンシャンを指さして「パンダの赤ちゃんだ~!」と興奮MAX!

最初は起きていたんですが、すぐに寝ちゃいました。
赤ちゃんらしいですね。

まさに、ぬいぐるみがそのまま動いている可愛さ!

一方、ママのシンシンは、落ち着かない様子でウロウロ。
シャンシャンが寝ているので、警戒しているのでしょうか?

シンシンは上手く撮れませんでしたが、シャンシャンはバッチリ!

シャンシャンの観覧は、通路に沿って4回移動。
トータル2分ほど。30秒ごとに動きます。

まるで工場のライン作業みたいなカンジ。
立ち止まってじっくり見ることはほぼ出来ません。

お客さんの声に負けじと、係員さんの声が響きっぱなし。

ベビーカーの持ち込みはOKですが、座らせていると全く見えません。
ベビーカーは荷物置き場にして、お子さんを抱っこor肩車がいいと思います。

写真と動画を撮りたい方は、動画をメインにしたほうがオススメ。
動画のほうがあとで編集すれば静止画にできるので。
うちもそうすればよかったなぁ。

いちいち持ち替えているヒマはありませんよ!

あっという間の2分間。
このために今日一日がんばった甲斐があった~!

子供の記憶にもしっかり収まったようですし、いい思い出になりました。

 

今は赤ちゃんのシャンシャンですが、2年後には中国に返還されてしまうそうです。
詳しいことは分かりませんが、そういう決まりになっているらしいと。

出来ればずっといてもらいたいと思います。

別れの時は寂しくなるかもしれませんが、元気に大きくなってもらいたいです。

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ