スポンサーリンク

チャイルドシートからジュニアシートへ乗り替え



車で子供とお出かけするのに欠かせないチャイルドシート。
メーカーや形状にもよりますが、大抵生後1か月~4歳くらいまで使えるものが多いです。
お値段も安いものではありませんし、なるべく長く使いたいと親は思ってしまいます。

しかし、子供によっては本来まだ使える年齢・体型であるにもかかわらず、使えなくなってしまいます。
理由は色々ありますが、意見として多いのは『子供がチャイルドシートを嫌がるようになった』こと。

チャイルドシートは、主に新生児・乳児をメインに設計されていることが多く、幼児になると少しずつ合わなくなってきます。
新生児の時は平均で身長50㎝・体重3000g、幼児(3歳児)の平均は100㎝・15㎏、かなりの違いがあります。
いくら新生児用のクッションやカバーを外したとしても、限界があります。

ここまで大きくなったら、ジュニアシートの出番でしょうか?

私の子供は今月で2歳、まだチャイルドシートの範囲を超えていませんが身長が90㎝に近く、3歳児に間違われることも。
でも私が一番気になったのは、ドライブ中に寝てしまったときの態勢が苦しそうだった事。
背もたれの角度が悪く、頭が前のめりになってしまっていました。
img_3932img_3934
私が使っているチャイルドシートはエールベベの回転タイプ、回転させれば赤ちゃんが寝る姿勢に近い状態でいられます。
ただし、回転して使えるのは体重11㎏まで、それ以上大きくなったら前向きのままでしか使えません。
後ろ向きになった時に、足がシートに当たって窮屈になってしまいます。
私の子供は10㎏ない頃でも身長があったため、回転できなくなりました。

体温調節がうまくいかない赤ちゃんのために、通気性より保温性が高いかも。
車内をめいっぱい涼しくしていても、暑がりな子供の背中は汗だくになっていました。
そんなカンジですので、少しでも動ける状態にしようとしてベルトを拒否するようになってしまい、危険度アップ!

旦那と相談して、ジュニアシートの購入を決めました。

私たちが決めた条件は、
① 通気性バッチリ
② リクライニング機能
③ 座面のクッション性がいい(長距離ドライブ向き)
④ 予算2万円

座面だけのブースターも検討しましたが、まだ年齢的に難しく、ジュニアシートが将来ブースターになるタイプが多いので、どちらも使えるものにすることに。

店頭で色々なメーカーの物を試しましたが、なかなか決まらず。
今回、通販サイトの口コミも参考にしました。

人によって色んな意見がありましたが、売れ行きがいい商品は満足度が高い!

最終候補は、エールベベ・グレコ・コンビの3つ。
エールベベは通気性抜群だが部品の継ぎ目から音がする、グレコはジュースホルダーがついてて便利だが座面が固め、コンビは通気性に劣る・・・。
悩みましたが、今も使っているエールベベにしました。
通気性が一番よいとの意見が多かったから。

届いてすぐ、私の車に設置してみました。

買ってから気づいたのですが、リクライニングは車の座席がリクライニングしないと意味がない事が判明。
旦那の車(マツダCX-5)は後部座席がリクライニングしないため、私の車(三菱ekスペース)専用に決定!
ヤッター!

こんなカンジになりました!
img_3936
まだ実際に子供を乗せていないので、近々報告させていただきます。

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ