スポンサーリンク

エアコンの設定温度、子供の体調管理が優先



暑い日がつづいていますが、体調はいかがでしょうか?
私は連日の館林市の気温報道を見ると、無意識に暑さを感じてしまいます(苦笑)

あの暑苦しさ全開の鳴き声を聞くたびに、イライラMAX!
・・・と思っていたら、その張本人も暑さには耐えられなかったのでしょうか?
こんなところで夕涼みしていました。IMG_3494

網戸に張り付いておりました。
たった一週間の命を懸命に生きているんだなぁ・・・。

『暑い』と文句を言ってるのは人間くらいなものです。

皆さんは、エアコンの設定温度をどう管理されていますか?
冷房・除湿の切替、風量、風向き、タイマー・・・。
ひとりひとりの体感温度の違いなど、細かく言えばキリがありません。

最近は報道番組の1コーナーなどでも取り上げられていますが、環境保護や光熱費のことより、ママたちが重視すべき点は子供の体を考えた環境作りです。

エアコンの温度って、どうしてもママやパパ、大人に合わせてしまいがち。
私自身暑がりなので、設定温度・湿度は少し低めです。
でも、先日パパから『寒いよ』と言われてしまい、自分優先にしていた事を反省しています。

子供の体温調節機能は、まだまだ未発達です。
暑い寒いの判断も分かっていませんし、言葉で訴える事も難しいです。
ママたちの感覚が一番の頼りなのです。
160606_baby-airconditioning
温度は、やはり28℃を基準にするのがベスト。
湿度は60%と言いたい所ですが、55%くらいなら体感的にも快適を保てます。
子供の体に風が当たらないように、天井付近の暑い空気を循環させる意味も含めて、ルーバーは自動か上向きに。
左右の風向きは、扇風機のように左右に動く設定で。
部屋全体を同じ温度にしますし、時々当たる風が気持ち良さを感じさせてくれます。
センサー感知なら、人を避ける設定にしておくと、子供に直接当たらないようになります。

外に全く出ないのならいいですが、ママさんとなれば仕事に買い物、子供の散歩などで外に出ることも多いです。
玄関を開けた瞬間、ムワ~ンとした、あの蒸し暑い空気に襲われます!
出かけるのがイヤになりますよね。
外気との差で体の調子が悪くなることもありますので、温度差はあまりないほうがいいと思います。

最近のエアコンは、自動センサーで快適空間を作ってくれるものもあります。
それならほぼおまかせしても大丈夫だと思いますが、鵜呑みにせず子供に直接触れて確かめて下さい。
肌が冷えきっていませんか? 汗ばんでいませんか?

冷えていたら、設定温度を1℃上げ、風が直接当たらないように風向きを変えましょう。

汗をかいていたら温度を下げず、まずは濡らしたタオルで汗をぬぐい、水分補給をさせてあげましょう。
洋服の着替えもしたほうがいいです。そのままでは、やがて体が冷えてしまいます。
それでも暑そうなら、一時的に少し下げて、1時間くらいで元に戻します。
ずっと低いままだと、その温度に慣れてしまって感覚が鈍くなってしまいます。

一番気になるのは、就寝時のエアコン使用。
熱帯夜も寝苦しくて辛いですね。

つけっぱなし、つけない、タイマーの3択に分かれるところです。

つけっぱなしの方は、温度を下げない。
つけない方は、就寝前に温度を1~2℃下げておき、就寝時にオフ。
タイマーの方は、温度は1~2℃低め、3時間後くらいにオフになるようにセット。

でも、これでも大人は暑いと感じるでしょう。
子供は体温が高くて、くっついてくるとまるで湯たんぽのよう!

そんな時は、大人のほうにだけ風が当たるように向きを調節します。
子供を抱いて寝る場合は、子供にしっかり掛物をする、パジャマを長袖にするなどの調整を。

私は、アイスノンを枕代わりにしていた時もありましたが、首を冷やして寝ると必要以上に冷えてしまって、
翌日体調不良になってしまったのでやめました。
熱冷まシートをおでこに貼るくらいなら、問題ないと思います。
おでこでは体温は下がりませんから。

『暑さ寒さも彼岸まで』とよく聞きますが、まだ1カ月先の話。
近年温暖化の影響なのでしょうか、夏の暑さで人が亡くなる時代になりました。
『エアコンは嫌い』と言ってる人こそ、上手にエアコンを活用していれば・・・と思うような報道を聞きます。

エアコンを使用することは悪いことではありません。
エアコンに限ったことではなく、物は使い様です。045602
便利な物は上手に使えばいいだけの事です。

涼しい時間になったら、お子さんを散歩に連れ出してもいいんじゃないですか?
ママたちがいれば、たまには夜の外もいいですよ。
夜風が気持ちいいですし、子供もワクワクするのでは?
花火をしたり、虫の声を聴いたり・・・。

普段とは違った一面を見せてあげるのも、子供のためになると思います。

体も心も、子供のことを考えた生活を整えてあげたいものです。

スポンサードリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ