『令和』スタート!子供たちの命を守る時代に。

令和がスタートして1週間が経ちました。
新たな時代の幕開けですが、子供たちは何ら変わりなく過ごしていますね。

史上初の10連休が終わり、やっと子供が保育園に行ってくれるようになりました。
もう、嬉しい!(笑)

この10日間、ホントに大変でしたよ!(泣)

保育士さんがいてくれることに、改めて感謝したGWでした。

そんな中、残念なニュースが・・・。
大津市園児死亡事故
滋賀県大津市で発生した、保育園児を巻き込んだ死亡事故。

大人の身勝手な不注意が2人の幼い命を奪い、保育士を含む14人にケガを負わせることに。

保育園の記者会見中、泣き崩れた園長。
見ていられませんでした。

私が見る限り、保育園側に過失はないと思います。
ネットでも『#保育士さんありがとう』など、保育士さんを励ます内容が多いですね。

それでも一番責任を感じているのは、保育士さんをはじめとした保育園の方々ではないでしょうか?

お体のケガも心配ですが、精神面のケアもしっかりしていただきたいです。

この事故を機に、保育園・幼稚園での散歩が中止されてしまう傾向にあるとお聞きしました。

我が子が通う保育園は、外遊び・外出が多いことで有名です。
この事故の直後ですが、本日も『長距離散歩に行くので、履き慣れた靴で登園してください』と連絡が。

えっ?
大丈夫?

正直、わずかな不安はありました。

でも、ここで話題にしてしまうのは気が引けたので、いつも通りに。

私は、保育士さんを信じています!

そうして仕事に打ち込んでいた11時すぎ、保育園から連絡網メールが。

こんな時間に珍しいと思って見てみると・・・。

『事故直後の散歩で心配されていたことと思いますが、
万全の体制を整え午前中に出かけさせていただき、
無事に園に帰ってきましたのでご報告させていただきます』

親の立場をよく理解してくださっている、温かい報告でした。

保育士さん、ありがとう!

今回の事故は、確かに残念な事です。

でも、保育士さんはそれを乗り越えようと日々奮闘されているんですよ。
応援しないわけにはいきません。

通学路でのガードレールの設置はかなりすすんでいるとの事ですが、危険な箇所が無くなったわけじゃないですね。
現にうちのアパート近くの交差点は、しょっちゅう事故ってますよ。
(子供が巻き込まれていないのが唯一の救いです)

平成では、子供が命を落とす事故・事件が多く発生しました。
親からの虐待で亡くなった女児、教師の心無い言葉で自ら命を絶った生徒・・・。

残念という言葉では、何も解決できません。

『子供が子供を出し切るために』
保育園で言われている言葉を引用させていただき、私はこう続けたい。

『大人も大人を出し切ろう』

大人の知恵と力で、子供を守る!
かつて、自分の親が私たちを守ってくれたように、今度は私たちが子供を守る番でしょう!

すべての事故・事件が無くなるのが理想ですが、少しでも幼い命が守られる『令和』を、私達で作っていく必要があると思います。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ